JAこまち「夢こまち」

旬 6月中旬〜8月中旬

「夢こまち」は、JAこまちで作られる小玉スイカの愛称。6月中旬から収穫が始まりました。
祖父の代からスイカを作り続けているスイカ農家の鈴木晃さん。
交配から収穫までおよそ30日、生長に合わせて雨除けを移動させ、元気なスイカに仕上げます。
鈴木さんによると今年の「夢こまち」はバッチリの出来とのこと。

糖度はおよそ12度。自慢の甘さで皮ギリギリまで楽しめます。
水分たっぷりの小玉スイカは手土産にもぴったりです。