JA秋田おばこ「モロヘイヤ」

旬 6月〜9月

1985年、大仙市大曲に新たな特産品を作ろうとモロヘイヤの栽培が始まりました。
今では20を超える農家さんがモロヘイヤを育てています。
その1人、今野考子さんは毎年同じようにはいかないモロヘイヤ栽培に難しさとおもしろさを感じているのだとか。

モロヘイヤの独特な粘りを楽しむなら、叩いたおひたしがおすすめ。茎と葉を別々にゆでて包丁でしっかりと刻みます。
栄養たっぷりで、夏バテ防止にもぴったりです。