JAあきたおばこ 「きくらげ」

旬: 通年

仙北市角館町では山からの湧き水を利用してきくらげを栽培しています。
生産者の黒坂和雅さんは、しいたけ栽培をしていたご両親から農園を引き継ぎ、3年前からきくらげの栽培を始めました。「国産のきくらげはまだ少なく、秋田県内でも栽培している農家は珍しい。温度管理に気をつけながら栽培しています」と黒坂さん。
きくらげは、ビタミンDやカルシウム、鉄分などが豊富。プリプリの食感をぜひ楽しんで!