JA秋田なまはげ「梨・幸水」

旬:8月下旬〜9月中旬

潟上市天王地区は、男鹿市と並ぶ県内有数の梨の産地で、主力の幸水が立派な果実を実らせています。
梨の栽培には、すでに植えている木に別の品種の木を接合させて栽培する「接ぎ木」という技術があります。梨を栽培して50年の吉田さんは、接ぎ木で1本の木に10種類以上の品種を実らせることに成功しています。
収穫後に行う剪定は、品質の良い梨を作るためにとても大切な作業です。吉田さんによると「来年・再来年にどのような状態にするかを考え、数手先を読みながら剪定を行う」とのこと。
ジューシーで甘い、秋田県産の幸水。ぜひ、味わってみてください!